ムダ毛の自己処理方法について

ムダ毛の自己処理と言われて思いつくのは、手軽で簡単な毛抜きとシェーバーを思いつくのではないでしょうか。
本当ならプロの方に脱毛してもらうのが肌への負担も少なく良いのかもしれませんが、予算や時間の都合で
不可能なことも多いですよね。
そこで、毛抜きとシェーバーについてメリットやデメリットを調べてみました。
まず、毛抜きですが1度抜いたものはしばらくは生えてこないというメリットがあります。
細かい部分の処理も可能なので、便利なのですが良いことだけではありません。
毛抜きと使用すると、毛穴へのダメージがとても大きいのです。
1度ダメージをうけてしまった毛穴は、開いてしまったり黒ずみが目立ちますが元に戻すのはなかなか難しいようです。
また、無理にひっぱってしまうと皮膚の内側で毛がのびてしまい埋没毛になってしまう恐れもあります。
次にシェーバーですが、毛抜きと違い痛みを伴うこともありませんのでとても手軽に処理をすることができます。
しかし、肌へのダメージは強く乾燥肌や出血などのトラブルが起きることもあります。
現在は、刀が複数ついているものが多いのですが肌への負担を減らすためにもなるべく1枚刀の物を選ぶと良いです。
こうしてみるとどちらもデメリットがあり、処理をするのが怖くなってしまうかもしれませんが工夫をして少しでも
肌の負担を減らすことが大切です。
どちらの道具も、お風呂に入り処理する部分を清潔にして毛穴をしっかり開いてから始めることが大切です。
毛の生えている方向に逆らわず、毛の流れにそって処理を行い、終了後は化粧水等で冷やし毛穴を閉じてあげます。

使ったものはそのままにしないで、毛抜きなら熱湯や除菌シートで消毒をしたりシェーバーもお風呂場に置いたままに
するのではなく、しっかり乾燥させたりなるべく早いサイクルで新しいものを使用するようにしましょう。
日々の丁寧な準備、処理が綺麗な肌をキープする秘訣になります。