夏は特にムダ毛の処理を怠れない

夏になると肌の露出部分が増え、嫌でも気になってくるのがムダ毛の存在です。冬の間は服で隠れるからとついついさぼってしまいがちでしたが、夏になり人目にさらされるようになるとさぼってばかりもいられません。お風呂の中で、また洗面台の鏡の前でじいっと見て、とにかく目につくところだけでもボディー用と顔用のカミソリで処理しています。これがなかなか大変です。自分は腋臭持ちなので、わきはまめに処理しているつもりなのですが、油断すると黒い小さな毛がぽつぽつと生えてきます。カミソリではなかなかきれいに剃れないので本当は脱毛クリームなど使うと良いのでしょうが、肌に合わなかったらしくかぶれてしまったのでやめました。エステはお金がかかりそうなので怖くていけません。今年も地道にカミソリで頑張っています。
 ついつい忘れがちなのが、ひざ下と手の甲のムダ毛で、週一くらいでチェックしているつもりなのですが、長い毛が残っていたりして、思わず手を引っ込めたくなったこともあります。ひざ下のすねのところを剃るときにカミソリの刃で傷つけてしまうこともあります。安全カミソリでも角度が悪いと切れてしまいます。
 抜くのが最良の手段かなと思いつつ、痛みに我慢できそうもないので、こまめに処理し続けるしかないです。つるりとしたきれいな肌をキープするのは大変です。おばさんだからもういいかとさぼりたくなる気持ちにムチ打って皆様に迷惑にならない程度の清潔感はキープしなければと感じています。